ハクビシンの被害を減らすハクビシン対策とは

近年住宅地に出没する件数が大きくなってきている害獣の一つがハクビシンです。
天井付近のわずかな隙間から侵入して、糞尿の被害が発生したり、人間がいないことを確認して農作物を食い荒らすなど、ハクビシンによる被害は深刻な問題となっています。


特にミカンなどの果実を好むため、農業をしている家庭でも、大きな被害を受けている多いでしょう。ハクビシン対策として有効なこととして、まずは寝床を作らせないように意識しましょう。

人気のハクビシン対策情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

ハクビシンは昼の間は木にあいた穴の中や、神社や住宅、倉庫などの天井裏で休息をとる特徴があります。
そのため天井裏にわずかな隙間があれば、そこから侵入して被害が拡大します。

もしも天井裏付近に隙間がある場合には、金網やパテなどを使ってふさぐようにしましょう。



次にハクビシン対策として侵入経路をなくすことが大切です。
ハクビシンは非常に木登りが得意な動物です。

もしも住宅の周りに背の高い木があり、枝が伸びているのであれば、しっかりと剪定するようにしましょう。

ハクビシンは見通しの良い場所には近づかない傾向があるので、すっきりさせておいた方がよいでしょう。



えさ場を作らせないということもハクビシン対策として大切です。
ハクビシンの被害にあっている農家があるかもしれませんが、農作物を収穫した場合に、取り残しがないように注意しましょう。
また夜間、人間がいない時に農作物を荒らす可能性もあるので、ネットやビニールシートなどをかぶせて、エサがあることを隠すようにしましょう。