農作物に被害を与えるハクビシン対策 - 一般家庭向きな鼠駆除の方法いろいろ

農作物に被害を与えるハクビシン対策

ハクビシンは民家以外に農作物に多大な被害を与えます。

ハクビシン対策の情報が揃っています。

動きが活発な動物で木をよじ登ったり、垂直な壁を這いあがったりします。

電柱を上り、電線を渡ることもできます。



そして好物が糖度の高い果物です。

果樹園などに侵入し、栽培している果物を荒らしたり食べたりします。



ハクビシンを寄せ付けない、侵入させないハクビシン対策が必要です。

ハクビシンを寄せ付けないようにするハクビシン対策は畑やその周りをきれいに片付けることです。


ハクビシンは夜行性で臆病な性格です。見通しが広く隠れるものがない場所は嫌がります。


畑やその周りの草を刈ったり、枝の剪定などをして見晴らしを良くします。
果樹園などでは、収穫した果物が落下して散乱している時は拾い集めて処分します。


頻繁に畑を荒らされる場合は、捕まえる捕獲器を設置します。


網籠状のもので、餌でおびきよせ侵入し餌をさわることで侵入口が閉まる器具です。ハクビシンが通り道にしている場所を特定して設置します。おびきよせる餌は果物が効果があります。

それ以外にハクビシンが嫌がる臭いをまき散らす方法があります。

ハクビシンは油やニンニクの臭いを嫌がります。

市販されている忌避剤を侵入経路に散布します。

臭いは時間と共に消えてしまうので、たびたび散布する必要があります。

このようなハクビシン対策が農産物の被害を防ぎます。


またハクビシンは鳥獣保護法で殺したり傷付けたりすることを禁止されている動物です。捕獲した後は速やかに保健所などに引き渡すことが必要です。